大規模な韓国の銀行が暗号管理サービスを開始

韓国最大の銀行の1つであるKB国民銀行は、ハッシュドベンチャーキャピタルファンドおよび韓国カンバーランド暗号通貨プラットフォームと提携しています。銀行はデジタル分散資産にストレージサービスを提供するために新しい協同組合を必要としていると報告されています。

新しいビジネスモデルを探す

銀行の新しいパートナーは、法律の変更によって保管サービスを組織したいという彼らの願望を説明し、ブロックチェーンの分野で新しい実用的なビジネスモデルを探すように促しました。

「ブロックチェーン業界に関する私たちの理解を組み合わせ、技術的および商業的アドバイスを提供することで、必然的に消費者だけでなく国にも新しい扉が開かれ、デジタル変革の新時代を迎えます」とHashedのCEOであるSimon Kimは述べています。

競争に追いつく

KB国民銀行の発表は、銀行の主要な競争相手であるNongHyupまたはNH銀行からのメッセージに応えて行われたもので、暗号保管サービスを開始する計画について話しました。確かに、NHバンクが開発中のソリューションは機関投資家向けです