タオタオはバイナンスに同意しません

タオ、タオ、バイナンスの交渉が失敗した後、2020年に日本に入る可能性は低い。
日本を拠点とする暗号資産取引プラットフォームであるタオタオは、バイナンスとの交渉を完了し、アジア諸国のユーザーが暗号通貨を交換するための取引サービスの開始スケジュールを延期しました。

タオタオプラットフォームのスポークスパーソンは、「バイナンスとの戦略的合意に達することができない」と述べ、9か月後に「交渉を終了することを決定した」と述べた。 Binanceは、1月17日以降、暗号資産を取引するためのTao Taoプラットフォームと、ZHoldingsの子会社であるZCorporation(旧Yahoo Japan)との日本市場参入への協力について話し合っています。 Binanceはそうではありませんが、国のFinancial Services Agency(FSA)によってライセンスされた暗号資産取引プラットフォーム。

1月、Binanceは、日本人居住者のアクセスを制限すると発表しました。おそらく日本の規制強化に対応しているのでしょう。 2017年、バイナンスは2017年に中国を離れ、本社は日本に移転しましたが、1年未満滞在し、マルタに移転しました。

この動きは、日本の規制当局であるFSAが2018年に、ライセンスなしで運営することについて取引所に警告を発した後に行われました。また、2020年第2四半期に日本の「支払サービス法」と「金融商品取引法」が施行され、暗号通貨のルールが変更されます。

これらの規制変更の中で、暗号通貨取引所BitMEXは5月に日本の居住者へのサービスの提供を停止しました。しかし、規制当局が日本の子会社であるPayward Asiaに暗号通貨交換サービスプロバイダーとしての運営を許可した後、Krakenは9月に2年以内に帰国すると発表しました。