研究:ミレニアル世代は大規模な銀行よりもビットコインを選択する可能性が高い

近年、若い世代は最大の金融機関よりもビットコインにはるかに忠実になっています。関連データは、18歳から65歳までの4852人の回答者のうち17か国で調査を実施したトークン専門家によって提供されています。

ミレニアル世代は銀行を信じない

データは、ミレニアル世代の51%が、ゴールドマンサックス、ウェルズファーゴ、JPモルガンなどの巨人よりもビットコインに自信を持っていることを示しています。

古い世代はビットコインを信じていません

古い世代のほうが保守的であると予想されます。このため、最初の暗号通貨に対する忠誠度の平均パーセンテージは47%でしたが、2017年には、この指標は29%低くなりました。

3年後のビットコインと銀行に対する信頼の変化

ミレニアル世代は未来です

多くの専門家は、ミレニアル世代(1981年から1996年に生まれた人々)の世代が暗号通貨業界の発展に大きな役割を果たすことに同意しています。証券会社のチャールズシュワブによると、この年齢カテゴリはNetflixやMicrosoftではなく、暗号通貨に投資することがよくあります。