PwC:リヒテンシュタイン仮想通貨税指数が1位にランクイン

PricewaterhouseCoopers(PwC)は、さまざまな国での仮想通貨の課税に関するレポートを公開しています。 PwCレポートによると、リヒテンシュタイン、マルタ、オーストラリアは仮想通貨の課税で上位3位に入っています。

PwCのレポートは、これらの国々が20の異なる暗号通貨プロジェクトの税法ガイドで提供した情報に基づいています。マニュアルの内容の質は考慮されていません。全体として、レポートは、デジタル資産と暗号通貨の特性に固有の新しいルールを導入するのではなく、各国が既存の税法をデジタル資産にどのように適用しているかに注目しています。

さらに、税務管理の観点から、半数以上の地域で仮想通貨取引による資本利益が見られました。仮想通貨の位置付けに関して、ほとんどの国はそれを「財産または無形財産」、「その他」または「明確な規則なし」と見なしています。

特定の課税期間に関してさまざまな国で最も一般的な慣行は、「仮想通貨および法定通貨交換」に続いて「仮想通貨交換」に税金を課すことです。その中でも、フランスは「暗号通貨交換」という点で通常の雰囲気を超えています。暗号通貨を「暗号化で作成され、分散型台帳で機能するデジタル資産」と簡単に定義すると、お金になります。最後に、レポートは、ほとんどの国と地域がプライマリICOトークンの配置に関する税務方針をまだ決定していないことを示しています。