ニューヨークの金融規制当局がBitLicenseのグリップを緩和するかもしれない

ニューヨーク州金融サービス庁(NY DFS)の関係者は、長年苦しんでいるビットライセンスを取得するプロセスを簡素化したいという要望を表明しています。

BitLicenseとは何ですか?

BitLicenseは、ニューヨーク州の暗号業界にとって最も厳しい法的枠組みです。この州の居住者に取引サービスを提供したい企業は、それを受け取る必要があります。これは、他の法域に登録されている会社にも適用されます。

イノベーション

新しいイニシアチブでは、起業家は限られたライセンスを受け取ることができると想定しています。これは、すでにライセンスを受けた企業と提携している場合にのみ機能します。

NY DFSの代表は、このイニシアチブがBitLicenseを取得したい起業家の障害の数を減らすのに役立つと信じています。これまでのところこれはただの申し出であり、当局は今年の8月10日までに一般からのフィードバックを収集したいと考えています。

数字で見るBitLicense

2020年6月末現在、BitLicenseを所有している企業は25社のみです。この手順は複雑であるため、暗号業界の多くの代表(BittrexやKrakenなどの巨人でさえ)はそれを受け取ることを拒否します。