アメリカで暗号通貨税の自動支払いサービスを開始

コンサルティング会社のアーンストアンドヤングは、新しいCryptoPrerサービスの開始を発表しました。アプリケーションは暗号通貨取引を監視し、自動モードで納税申告書に記入します。

税法は依然として不完全

同社は、暗号通貨活動に関する税法の既存の問題のため、このソフトウェアを開発することを決定しました。現在の法律の規範は透明性が高いとは言い難く、さらに、すべてのトランザクションの履歴を収集することは困難です。

アーンスト&ヤングはアメリカのトレーダーの生活を簡素化しました

EY CryptoPrerプラットフォームはSaaS形式で機能し、多くの暗号通貨サイトのトランザクションを追跡できます。ソフトウェアの計算作業の結果、完成した納税申告9843が得られます。

「私たちのお客様は、暗号通貨をますます保持し、そのような資産を取引しています。これは、税務申告を提出する際に直面する困難を解決するための革新的な製品の必要性を生み出しています」と同社の副会長であるマルナ・ライカー氏は述べています。