摩耗したASICチップの寿命を延ばす方法は?

残念ながら、収益性の高いASICマイニングには、1つの副作用があります。それは、ハッシュを実行するデバイスのチップが摩耗する可能性があることです。結果はどうなりますか?同じレベルのエネルギー消費で収入が減少します。 

 

Hiveon ASICファームウェアを使用すると、各チップ、デバイス、およびファーム全体の機能を最大化して、消費エネルギー1ワットあたりのハッシュレートを高め、収益を増やすことができます。これは、チップが摩耗している場合でも可能です。詳細はこの記事にあります。 

オートチューン

カスタムファームウェアの代わりにファクトリーファームウェアを使用すると、次の状況に直面する可能性があります。使い古したチップにはハッシュレートのドローダウンがありますが、本格的な動作チップと同じくらいの電力を消費します。この問題のあるチップが多数あると、収益が大幅に減少する可能性があります。

 

Hiveon ASICファームウェアの自動調整機能は、問題のある、または単に摩耗したASICチップを検出して周波数を調整し、テラヘッシュあたりのワット数の最適な比率を実現し、ASICのパフォーマンスと収益性を全般的に向上させます。さらに、新しいファームウェアでは、自動調整の結果が記憶され、以前に使用したプロファイルをすばやく適用できます。 

 

これがその仕組みの例です。ボードにはたくさんのチップがあります。デフォルトでは、これらはすべて500 MHzで動作し、ボード全体に8.7 Vが供給されます。これにより、電圧と周波数に応じて、ワット単位で一定の消費が発生します。 

 

各チップは、たとえば80ギガヘッシュを生成する必要があります。しかし、ボードには20個の摩耗したチップがあり、500 MHzをプルせず、80ギガヘッシュの代わりに15個しか出力しません。同時に、このようなチップは8.7Vと500MHzも受信します。本格的なワーキングチップと同じくらい消費しますが、生産量は少なすぎます。オートチューンはこれに「気づき」、チップがその周波数に応じたハッシュレートを生成できるようになるまで、チップ上の周波数を徐々に下げ始めます。たとえば、周波数は400 MHzになり、チップは60ギガヘッシュになります。

オーバークロック

Hiveon ASICファームウェアのもう1つの便利な機能は、オーバークロック(または、より簡単に言えば、機器を工場出荷時の設定から「プッシュ」すること)です。 

 

工場出荷時の電圧と周波数は最適ではありません。チップの動作が悪くなり、摩耗が早くなります。この種の問題を回避するには、適切なオーバークロックプロファイルを選択してください。このようにして、チューニングチップを実行し、それらをより効率的かつ安定して動作させることができます。さらに、オーバークロックは収益を大幅に増加させる可能性があります。平均して、2000ルーブル以上を稼ぐことができます(1つのデバイスで月額)。

オートチューンとオーバークロックを開始する方法

効率を最大化するために、オーバークロック機能と自動調整機能はHiveOSで同時に実行されます。これを行うには、オーバークロックプロファイルを選択する必要があります-開始するとすぐに、自動調整も機能し始めます。Hive OSの[オーバークロッキング]タブに移動し、適切なオーバークロッキングプロファイルを選択して、[適用]をクリックします。一度に複数のデバイスを選択して、オーバークロックと自動チューニングを一括で適用することもできます。さらに、オーバークロックプロファイルはASIKWebで選択できます。

 

 

自動チューニングとオーバークロックに加えて、Hiveon ASICファームウェアには、デバイスのチップを損傷から保護するのに役立つ他のいくつかの便利な機能があります。まず、ファームウェアは、製造上の欠陥によって引き起こされる可能性のある火災からチップを保護します。次に、HiveonASICは常にチップの状態を監視します。問題が見つかった場合は、すぐに通知されます。第三に、ASICの目標温度を設定でき、ファームウェアがそれをサポートします。安定した温度のおかげで、チップはより効率的に動作し、長持ちします。 


HiveonASICファームウェアはここからダウンロードできます