日本企業はデジタル円について考える

多くの日本企業は、ビジネスユーザーとプライベートユーザーのすべての要件を満たすユニバーサル暗号通貨の発行を検討しています。計画には、できるだけ早く開発し、2021年には新製品をテストすることが含まれています。この願望は、2021年の日本中央銀行のデジタル円の開発と統合の計画と一致しています。

日本は技術的に進歩した革新的な国ですが、それにもかかわらず、伝統的な現金を多用しています。以前日本銀行の総裁を務めていた山岡博美氏によると、複数のデジタルプラットフォームを使った現金支払いの集中管理システムはありません。日本企業は、近い将来状況が変化し、2021年にデジタル円が出現すると予想しています。山岡宏美氏はまた、異なるタイプの別のプラットフォームを作成するのではなく、さまざまなプラットフォームを相互に互換性のあるシステムを作成する計画であると説明しました。参加企業は、共通の決済方法を提供するための連絡窓口として暗号通貨を使用することを計画しています。このグループには、電気通信の分野で働く企業、仲介会社、

コロナウイルスの大流行を踏まえ、日本の当局は現金以外の取引を積極的に支援しています。しかし、それにもかかわらず、国内でのデジタル決済の発展を妨げる多くの不利な点がまだあります。日本銀行(BOJ)は、2021年に中央銀行(CBDC)のデジタル通貨をテストする予定です。その後、機能と関連性を考慮して、長所と短所を比較検討した後、発売の最終決定を下します。