エンドツーエンドの暗号化とパブリックセキュリティ

情報筋によると、英国、米国は、他の州の参加を得て、エンドツーエンドの暗号化と公共の安全に関する共同声明に署名しました。この声明は、テクノロジー企業に対し、エンドツーエンドの暗号化の使用が州および公共の安全に危険や害をもたらさないことを保証し、確実にするための措置を講じることを求めています。
英国と米国に加えて、宣言はオーストラリア、カナダ、インド、日本、ニュージーランドによって署名されました。声明によると、エンドツーエンドの暗号化はコンテンツの共有を制限し、テロ、武器取引、麻薬、売春、奴隷制、搾取、児童虐待などの最も深刻な犯罪でさえも防止および調査することを不可能にします。
これは公共の安全に深刻な影響を及ぼし、テクノロジー企業が政府と協力して、ユーザーのプライバシーとネットワークのセキュリティを損なうことなく、市民を安全に保つための解決策と方法を見つけることを奨励します。