Ngraveは1400人のユーザーのサイバーセキュリティ監査を実施しました

ハードウェアウォレットの開発者であるNgraveは、暗号通貨保有者がウォレットを保護するために使用する手段の4分の1が単に役に立たないことを発見しました。

調査中、78か国からの1,400人の暗号通貨ユーザーがインタビューを受けました。回答者のサンプルのパラメーター:90%が男性、60%が25〜45歳。

研究結果:

  • 62%が資金の一部を取引所に保管しています。
  • ⅓は取引所の資産の40%を保有しています。
  • 96%が2FA認証を使用しています。
  • ¼は2FAコードのバックアップコピーを作成しません。
  • 44%は、ホワイトリストに撤回アドレスを追加していません。
  • ⅔ハードウェアウォレットを使用します(3/4の場合、これらはUSBデバイスです)。
  • 87%は、大規模な資金移動の前にテスト取引を行います。
  • 67%がキーのハードコピーを保持しています。
  • 50%は、バックアップが悪用された場合にキーが危険にさらされることを理解しています。

リンクをたどって調査を行い、暗号通貨のセキュリティを向上させる方法に関する推奨事項を入手してください。