暗号通貨先物取引は300%アップ

アナリスト会社TokenInsightのレポートによると、2020年の第1四半期に、暗号通貨先物取引は300%増加しました。 1日の平均取引量は230億ドルに達しました。

TokenInsightの専門家によると、昨年、暗号通貨先物市場での活動が増加し始めたそうです。 2019年第4四半期と比較して、暗号通貨先物取引量は314%増加しました。

ダイナミクスは年末にわずかに減少しましたが、2020年の初めに先物市場は成長を続けました。今年の初めの市場ボリュームは、2019年のほぼ8倍です。アナリストは、BitMEX、OKEx、Binance、Deribit、Gate.io、BitZ、Bitget、FTX、BFX.NU、およびKuMEX取引所からのデータを調査に使用しました。

「暗号通貨先物はすでに市場指標のいくつかの属性を持っていると私たちは信じており、スポット市場の参加者は彼らのポジションを管理するために先物取引量を参照することができます」とレポートは言います。