コロナウイルスは日本の暗号トレーダーの活動を低下させる

日本の規制当局であるJVCEAは、国内のアクティブなトレーダーの数が2020年3月以降減少しているとの報告を発表しました。

日本人は伝統的な通貨をもっと信頼する

緊急事態の発表後、人々が将来のための「安全クッション」としてより多くの法定お金を節約し始めたので、暗号通貨交換の活動は減少しました。

レポートによると、アクティブな取引口座の数は、1か月でほぼ4,000減少しました。

取引所の預金が増加しました

アクティブなトレーダーの数の減少を背景に、フィアット預金の平均サイズは増加しました。これは、国の政府が家族に約940ドル(10万円)の資金援助を割り当て、その一部が日本の口座に残っているためと思われる。

国の安倍晋三首相が4月8日に緊急事態を宣言した後、多くの暗号トレーダーは、個人の財政状況の悪化、失業、その他の起こり得るショックから身を守るために、デジタル資産をフィアットに交換しました。

貿易は止まっていません

このデータにもかかわらず、日本のトレーダーに対する一般的な関心は低下していないと、地元のトレーダーの長谷川裕也氏は語った。最低でも、ビットコインの最近の12,000ドルのレベルへの上昇とAltcoin市場全体の成長は、暗号通貨の人気を物語っています。