ナイジェリアのビットコイン取引でドル安が60%増加

Coinisiderによれば、ナイジェリアは世界で最も急速に成長している暗号通貨の市場の1つであり、ビットコインの取引量の点でアフリカで最初の国です。

Blockchain.comの調査では、さまざまな国での取引活動に関する内部プラットフォームデータを使用しました。調査結果は、ビットコインとの大量のトランザクションを行う最もアクティブな「暗号通貨の国」の1つがナイジェリアであることを示しました

BTCはナイジェリアで人気が高まっています

レポートは、過去3か月間で、国のビットコイン取引が60%成長したことを示しています。

「ナイジェリアはここ数ヶ月で最も人気のある国です。 2020年4月以降、Blockchain.com Webウォレットの使用が60%増加しました」

暗号通貨での事業の成長に加えて、分散型資産への一般的な関心も国で高まっています。 Googleトレンドによると、ナイジェリアでの暗号通貨の検索はかなり高く、検索フレーズ「ビットコイン」が主導しています。

米ドルの下落は投資家に代替案を探すことを強いる

Blockchain.comレポートには、暗号通貨と米ドルの間の相関に関する情報が含まれています。 6月にドルが4%下落した後、トレーダーと投資家の間の暗号通貨への関心が高まりました。

「1か月間、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)はそれぞれ24%と57%上昇しています。金などのその他のハードアセットは2桁のパーセンテージゲインを記録し、過去最高のドル換算(+ 11%)を記録しました。株式(+ 6%)と長期米国債(+ 4%)も好調でした」と報告書は述べています。