ビットコインの価格は17,000ドルを超えましたが、ジンバブエでのみ

先週の6月27日土曜日、ジンバブエ政府はすべてのモバイル決済サービスを停止しました。これは国の通貨の価値の急激な崩壊によるものでした。

すべてをロック

EcoCashサービスは、ブロックされたサービスのリストに表示され、ジンバブエ人がビットコインを取得するために積極的に使用しています。

https://twitter.com/ReserveBankZIM/status/1276903157474435073 

また、現地証券取引所は一時的に業務を停止しました。当局は、これらはジンバブエのドル危機を防ぐために必要な強制措置であると言います。

https://twitter.com/advocatemahere/status/1276578645868457985 

決議は、「エコキャッシュは闇市場での為替相場の中核であり、経済にダメージを与え、ジンバブエ人に無数の困難をもたらす商品やサービスの価格の継続的な上昇に寄与している」と決議は述べた。

EcoCashによるコメント

EcoCashの作成者は、犯罪に関連する噂を拒否し、当局の代表によるこの決定に異議を申し立てたいと考えています。

https://twitter.com/EcoCashZW/status/1276647067239227392 

ローカルBTCポンプ

現在の状況により、ジンバブエの住民は世界的な金融システムから切り離され、今では暗号通貨が彼らのための唯一の決済方法です。サービスがブロックされた後、国内のビットコインの為替レートは急速に上昇し始め、17,260米ドルまで上昇しました。