XPro Marketsでトレードをする

最近人気が高まっている仮想通貨を初め、株やFXでトレードを始める人が増えている。トレードを始めるにはまず口座を開かなくてはならないが、海外業者のXPro Marketsは国内の業者にはないメリットがある。

1つの口座で豊富なCFD商品を取引

ここ1~2年で仮想通貨の人気が高まり、仮想通貨取引所に口座を開いてトレードを始める人が激増した。また株やFXなどを原資産としたCFDトレードは以前から資産運用法として広く利用されている。

日本国内の業者でトレード口座を開くのも良いが、XPro Marketsなどの海外業者の利用も考えてみよう。海外業者には国内業者にないメリットが多い。

大きなメリットとして、海外業者なら1つの口座で株、FX、商品先物、仮想通貨などいろいろな金融商品を原資産としたCFDが全て取引できる点がある。国内の業者は株やFXなど各金融商品にそれぞれ別の仲介業免許があるため、基本的には口座が分かれている。しかし海外業者は1つの口座で複数の金融商品を原資産としたCFDが取引できるので複数の口座を開く手間が省けるし、資金の融通が簡単になる。

そして海外業者なので株や株価指数も日本のものだけではなく海外の商品に投資ができる。最近は特に米国株の人気が高まっているが、米国株に投資できるのは魅力だ。

入金にクレジットカードが使える

日本の業者にないメリットとして、XPro Marketsは入金にクレジットカードが使える点がある。もちろん銀行振込のような既存の方法も可能だ。

クレジットカードなら実際の決済は1~2月後になるので、手元に現金がない場合でも入金してトレードを始められる。また入金することでクレジットカードの決済額になるので、ポイントやマイルが貯められるメリットもある。

プラットフォームはMT4

XPro Marketsはトレードプラットフォームとして世界的に利用されているMT4(メタトレーダー4)を採用している。MT4は他の業者でも広く採用されておりすでに使い方を知っているトレーダーも多いので、新しいプラットフォームの使い方を覚える必要はない。その他にXPro Markets独自のウェブトレーダーも用意されている。

 

MT4.jpg

Source:https://xpromarkets.com/ja/trading-platforms/

Alt text:世界的なトレードプラットフォームのMT4が利用可能。

 

XPro Marketsのネックは?

海外業者に口座を開いて取引をする場合、日本語でスムーズに取引ができてサポートが受けられるか不安になるかもしれない。しかしXPro Marketsは日本語のウェブサイトを持っているし、提供しているプラットフォームやその他コンテンツも全て日本語に対応している。

日本語のサポートが受けられるのかどうかも問題だが、XPro Marketsならその点はあまり心配がなく、日本語で電話やメールのサポートを受けることができる。

また別のネックとしてMT4の後継バージョンであるMT5(メタトレーダー5)は提供していない。だがMT4も一般のトレーダーが十分満足できるほど高機能なので、必ずしもMT5まではなくても問題ない。

多少のネックはあるが国内業者にはないメリットが多いXPro Markets活用して、他のトレーダーに差をつけよう。

 

support.jpg

Source:https://xpromarkets.com/ja

Alt text:XPro Marketsのウェブサイトはほぼ全ページ日本語に対応。

 

CoinShark は、サイトに投稿されたコンテンツ、正確性、品質、広告、製品、またはその他のコンテンツについて責任を負いません。 この記事は情報提供のみを目的としており、著者の意見を反映したものであり、行動を提案するものではありません。 金融市場はリスクが高く、リスクに満ちています。 暗号通貨への投資は損失につながる可能性があります。 ユーザーは、アクションを実行する前に、独自の調査と分析を行う必要があります。

Bitsler Casino